○国立大学法人東京工業大学産学連携会員制度会費取扱要項

平成19年3月2日

制定

(趣旨)

第1条 この要項は,国立大学法人東京工業大学産学連携会員制度会員規則(平成19年規則第12号)第17条の規定に基づき,国立大学法人東京工業大学(以下「大学」という。)における産学連携会員制度会費の受入れ及び経理に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要項における用語の定義は,次の各号に定めるところによるものとする。

 「産学連携活動」とは,研究・産学連携本部が行う以下の業務をいう。

 大学における知的財産の創出,保護,管理及び活用に関する基本的な方針の企画及び立案

 大学における発明の管理,保護及び活用に関すること。(に掲げるものを除く。)

 大学と産業界との研究協力推進のための企業等との連絡調整

 大学と企業等との研究協力に係る契約業務の支援及びその実施に係る管理業務の支援

 からまでに係る調査及び研究

 学長,理事・副学長等との意見交換会等の会員を対象とした産学連携関連諸活動

 その他産学連携の推進に必要な業務

 「産学連携会員制度会費」とは,大学の産学連携活動のために企業その他団体(以下「企業等」という。)から受け入れる会費をいう。

 「会員」とは,産学連携会員制度へ入会を申し込み会費を支払った企業等をいう。

(受入手続き等)

第3条 産学連携会員制度会費を受け入れるための手続き等は,次のとおりとする。

 学長は,企業等から産学連携会員制度への入会の申し込みがあった場合は,研究・産学連携本部長の審査を経て受入れの可否を決定し,会計担当役に通知する。

 会計担当役は,受入れの決定通知を受けたときは速やかに企業等に対して納入依頼書を送付する。

 学長は,産学連携会員制度会費を受領したときは,収入として受け入れ研究・産学連携本部に配分する。この場合,消費税相当額を控除するものとする。

 出納役は,産学連携会員制度会費を収納したときは,領収書を発行し研究・産学連携本部長に送付する。

 研究・産学連携本部長は,学長名による礼状に前号の領収書を添えて当該企業等に送付する。

(出納保管)

第4条 学長は,産学連携会員制度会費を受け入れたときは,出納役に出納保管させる。

(経理)

第5条 産学連携会員制度会費の経理は,国立大学法人会計基準に基づき取り扱う。

(雑則)

第6条 この要項に定めるもののほか,産学連携会員制度会費の受入れ及び経理に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この要項は,平成19年3月2日から施行する。

附 則(平成26.3.10)

この要項は,平成26年4月1日から施行する。

附 則(平29.2.3)

この要項は,平成29年4月1日から施行する。

国立大学法人東京工業大学産学連携会員制度会費取扱要項

平成19年3月2日 種別なし

(平成29年4月1日施行)

体系情報
[全学規則]/第7編 研究協力
沿革情報
平成19年3月2日 種別なし
平成26年3月10日 種別なし
平成29年2月3日 種別なし