○国立大学法人東京工業大学技術部の組織及び運営等に関する規則

平成19年3月9日

規則第16号

目次

第1章 総則(第1条・第2条)

第2章 組織(第3条~第9条)

第3章 技術部委員会(第10条~第16条)

第4章 部門長会議(第17条)

第5章 アドバイザー委員会(第18条)

第6章 部門運営委員会(第19条)

第7章 技術部の事務(第20条)

第8章 雑則(第21条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は,国立大学法人東京工業大学組織運営規則(平成27年規則第81号)第18条第2項の規定に基づき,国立大学法人東京工業大学技術部の組織及び運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 技術部は,教育研究の高度化に伴い,国立大学法人東京工業大学(以下「大学」という。)における教育研究支援業務が高度化・専門化してきている状況に鑑み,高い能力を持つ技術職員を養成し優れた人材を確保するとともに,技術に関する専門的業務を円滑かつ効率的に処理することにより,大学の発展に寄与することを目的とする。

第2章 組織

(組織)

第3条 技術部に,次の職員を置く。

 技術部長

 主任技術専門員

 技術専門員

 技術職員

 その他必要な職員

(技術部長)

第4条 技術部長は,大学の職員をもって充て,学長が任命する。

2 技術部長は,研究支援を担当する理事・副学長の監督の下に技術部の業務を掌理する。

3 技術部長の任期は2年とし,重任,再任を妨げない。

(主任技術専門員等の職務)

第5条 主任技術専門員は,技術職員のうち,極めて高度の専門的な技術を有する者をいい,その技術に基づき,教育研究の支援のための技術開発及び技術業務並びに学生の技術指導を行うとともに,技術の継承及び保存並びに技術研修に関する企画及び連絡調整を行う。

2 技術専門員は,技術職員のうち,高度の専門的な技術を有する者をいい,その技術に基づき,教育研究の支援のための技術開発及び技術業務並びに学生の技術指導を行うとともに,技術の継承及び保存並びに技術研修に関する調査研究を行う。

3 技術職員は,専門的な技術を有し,その技術に基づき,教育研究の支援のための技術開発及び技術業務並びに学生の技術指導を行う。

(研究支援部門)

第6条 技術部に,大学における教育研究に係る技術支援業務を分担させるため,研究支援部門(以下「部門」という。)を置き,第3条第2号から第5号までの者で組織する。

2 部門の名称及び主な技術支援業務は,次表のとおりとする。

名称

主な技術支援業務

教育支援部門

教養科目群等の教育支援

実験実習装置の開発及び維持管理

大岡山設計工作部門

主として大岡山地区に係る実験装置の開発指導及び装置製作の支援並びに工作機械操作の指導

すずかけ台設計工作部門

主としてすずかけ台地区に係る実験装置の開発指導及び装置製作の支援

大岡山分析部門

主として大岡山地区に係る分析・評価の支援

すずかけ台分析部門

主としてすずかけ台地区に係る分析・評価の支援

バイオ部門

バイオ関連技術の支援

電気電子部門

最先端半導体のナノスケールプロセス開発支援

マイクロプロセス部門

半導体プロセスによる集積システム及びMEMS開発支援

安全管理・放射線部門

環境及び安全に関する管理運営

放射線関連大型機器等の運営管理

情報基盤支援部門

情報基盤の管理運用及びネットワーク管理

3 部門には,必要に応じて分室を置くことができるものとする。

(部門長及び副部門長)

第7条 各部門に部門長を置き,当該部門に所属する主任技術専門員又は技術専門員のうちから学長が指名する者をもって充てる。ただし,学長が必要と認めるときは,第9条第1項に規定するアドバイザー教員のうちから指名することができるものとする。

2 部門長は,技術部長の監督の下に,各部門の業務を総括する。

3 各部門に副部門長を置くことができる。副部門長は,当該部門に所属する主任技術専門員又は技術専門員のうちから技術部長及び当該部門の部門長の推薦に基づき学長が指名する者をもって充てる。

4 副部門長は,部門長の業務を補佐する。

5 部門長及び副部門長の任期は2年とし,重任,再任を妨げない。

(技術企画室)

第8条 技術部に,技術部の技術・管理運営等に関する次の各号に掲げる事項についての企画,連絡調整並びに情報収集及び発信等を行うため技術企画室を置く。

 技術部委員会,技術部専門委員会及び部門長会議等の資料作成及び保存に関すること。

 技術部の予算管理に関すること。

 技術職員の研修,講習,勤務時間及び休暇等に関すること。

 技術職員の採用及び待遇等に関する補助的業務

 技術職員との学内外情報の伝達に関すること。

 前各号に掲げるもののほか,技術部長が必要と認めた事項

2 技術企画室に室長を置き,技術部長をもって充てる。

3 技術企画室に室員を置き,室長が指名する技術職員をもって充てる。

4 技術企画室員は,室長の命を受けて,第1項各号に掲げる事項に係る業務を処理する。

(チーフアドバイザー教員及びアドバイザー教員)

第9条 第2条に定める目的の実施のため,部門の業務に係る専門的アドバイス,積極的な活動支援及び助言等を行うアドバイザー教員を置くものとする。

2 前項のアドバイザー教員は,大学の専任の教授又は准教授のうちから学長が指名する。

3 アドバイザー教員のうち,アドバイザー教員間の連絡調整等を行う者をチーフアドバイザー教員とし,学長が指名する。

4 アドバイザー教員の任期は2年とし,重任,再任を妨げない。

第3章 技術部委員会

(技術部委員会)

第10条 技術部の円滑な運営を図るため,技術部委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(審議事項)

第11条 委員会は,次に掲げる事項について審議する。

 技術部の運営に関すること。

 技術職員の技術研修に関すること。

 技術職員の技術の継承及び保存に関すること。

 主任技術専門員及び技術専門員の選考に関すること。

 その他委員会が必要と認める事項

(組織)

第12条 委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 技術部長

 各学院教授会構成員のうちから学長が指名する者 各1人

 科学技術創成研究院教授会構成員のうちから学長が指名する者 4人

 技術支援業務に関連する組織(各学院及び科学技術創成研究院を除く。)から学長が指名する者 若干人

 部門長のうちから学長が指名する者 若干人

 アドバイザー教員のうちから学長が指名する者 若干人

 主任技術専門員又は技術専門員のうちから学長が指名する者 若干人

2 前項第2号から第4号まで及び第7号の委員の任期は2年とし,重任,再任を妨げない。ただし,補欠による委員の任期は,前任者の残任期間とする。

(運営)

第13条 委員会に委員長及び副委員長を置き,委員長は技術部長をもって充て,副委員長は委員長が指名する。

2 委員長は,委員会を招集し,その議長となる。

3 副委員長は,委員長を補佐し,委員長に事故があるときは,その職務を代行する。

4 前3項に定めるもののほか,委員会の運営に関し必要な事項は,委員会において別に定める。

(専門委員会)

第14条 委員会に,専門的な事項を検討するため,専門委員会を置くことができる。

2 専門委員会の設置及び組織等に関し必要な事項は,委員会において別に定める。

(意見の聴取)

第15条 委員会は,必要があると認めた場合は,委員以外の者の出席を求め,その意見を聴くことができる。

(庶務)

第16条 委員会の庶務は,総務部において処理する。

第4章 部門長会議

(部門長会議)

第17条 技術部に,技術部及び各部門の円滑かつ効率的な運営に必要な事項について連絡調整等を行うとともに,技術に関する情報交換を行うため,部門長会議を置く。

2 部門長会議は,次に掲げる者をもって組織する。

 技術部長

 技術部委員会副委員長

 各部門長

 アドバイザー教員又は技術部委員会委員のうちから技術部長が指名する者 若干人

 前各号のほか技術部長が必要と認める者 若干人

3 部門長会議の運営等に関し必要な事項は,部門長会議において別に定める。

第5章 アドバイザー委員会

(アドバイザー委員会)

第18条 技術部に,各部門の運営に関する連絡調整及び技術に関する情報交換を行うため,アドバイザー委員会を置き,必要に応じ委員会に意見を具申するものとする。

2 アドバイザー委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 技術部長

 技術部委員会副委員長

 チーフアドバイザー教員

 主任技術専門員又は技術専門員のうちから技術部長が指名する者 若干人

3 アドバイザー委員会の運営等に関し必要な事項は,アドバイザー委員会において別に定める。

第6章 部門運営委員会

(部門運営委員会)

第19条 各部門に,部門運営委員会を置く。

2 部門運営委員会は,当該部門の円滑かつ効率的な運営に必要な事項について連絡調整等を行うものとする。

3 部門運営委員会は,当該部門の職員及びチーフアドバイザー教員で組織する。

4 部門運営委員会の運営等に関し必要な事項は,各部門運営委員会において別に定める。

第7章 技術部の事務

(技術部の事務)

第20条 技術部に関する事務は,事務局各課及び事務区の協力の下,技術部において処理する。

第8章 雑則

(雑則)

第21条 この規則に定めるもののほか,技術部の組織及び運営等に関し必要な事項は別に定める。

附 則

1 この規則は,平成19年4月1日から施行する。

2 この規則施行後,最初に任命される技術部長は,国立大学法人東京工業大学技術職員の組織等に関する取扱要項(平成16年4月1日学長裁定)第4条の規定により技術部長に任命されている者をもって充て,その任期は,平成20年3月31日までとする。

3 この規則施行後,最初に第11条第1項第2号から第5号までの委員となる者のうち次に掲げる部局の委員は,国立大学法人東京工業大学技術部委員会要項(平成16年4月1日学長裁定)に規定する技術部委員会委員である者(任期満了前の者に限る。)をもって充て,その任期は,平成20年3月31日までとする。

大学院理工学研究科工学系,大学院生命理工学研究科,大学院情報理工学研究科,大学院社会理工学研究科,大学院イノベーションマネジメント研究科,資源化学研究所,応用セラミックス研究所

4 次に掲げる要項等は,廃止する。

 国立大学法人東京工業大学技術職員の組織等に関する取扱要項(平成16年4月1日学長裁定)

 国立大学法人東京工業大学技術部委員会要項(平成16年4月1日学長裁定)

 「東京工業大学教室系技術職員の組織等に関する取扱要項」に関する申合せ(平成2年7月6日部局長会議決定)

附 則(平21.6.19規43)

この規則は,平成21年6月19日から施行する。

附 則(平22.4.2規49)

この規則は,平成22年4月2日から施行し,改正後の国立大学法人東京工業大学技術部の組織及び運営等に関する規則の規定は,平成22年4月1日から適用する。

附 則(平23.3.4規16)

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平24.4.6規30)

この規則は,平成24年4月6日から施行し,改正後の国立大学法人東京工業大学技術部の組織及び運営等に関する規則の規定は,平成24年4月1日から適用する。

附 則(平25.3.22規27)

この規則は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平25.12.5規94)

この規則は,平成25年12月5日から施行する。

附 則(平28.3.4規62)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平30.3.16規37)

この規則は,平成30年4月1日から施行する。

国立大学法人東京工業大学技術部の組織及び運営等に関する規則

平成19年3月9日 規則第16号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
[全学規則]/第1編 組織及び運営/第7章 技術部
沿革情報
平成19年3月9日 規則第16号
平成21年6月19日 規則第43号
平成22年4月2日 規則第49号
平成23年3月4日 規則第16号
平成24年4月6日 規則第30号
平成25年3月22日 規則第27号
平成25年12月5日 規則第94号
平成28年3月4日 規則第62号
平成30年3月16日 規則第37号