○東京工業大学環境エネルギー協創教育院規則

平成24年3月2日

規則第12号

(趣旨)

第1条 この規則は,国立大学法人東京工業大学組織運営規則(平成27年規則第81号。以下「組織運営規則」という。)第29条第3項の規定に基づき,環境エネルギー協創教育院(以下「教育院」という。)の組織及び運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(構成員)

第2条 教育院に,次の職員を置く。

 教育院長

 副教育院長

 プログラム担当者

 協力教員

 その他必要な職員

2 前項の職員については,有期雇用職員とすることができる。この場合にあって,特任教員(特任教授,特任准教授,特任講師又は特任助教をいう。)として雇用するときは,選考は,国立大学法人東京工業大学特任教員等選考規則(平成16年規則第28号)第3条から第5条まで(第3条第1項を除く。)の規定にかかわらず,第8条に規定する運営会議の議による選考結果を踏まえ,学長が行う。

(教育院長)

第3条 教育院長は,プログラム担当者である東京工業大学(以下「本学」という。)の専任の教授のうちから学長が任命する。

2 教育院長は,教育院の業務を総括する。

3 教育院長の任期は,2年とし,重任,再任を妨げない。ただし,欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

(副教育院長)

第4条 副教育院長は,プログラム担当者である本学の専任の教授又は准教授のうちから教育院長が指名する。

2 副教育院長は,教育院長の業務を補佐し,教育院長に事故があるときは,その職務を行う。

3 副教育院長の任期は,2年とし,重任,再任を妨げない。ただし,欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

(プログラム担当者)

第5条 プログラム担当者は,東京工業大学大学院学則(平成23年学則第4号)第30条に規定する環境エネルギー協創教育課程(以下「教育課程」という。)を実施する責任者として,教育研究指導等を行う。

2 プログラム担当者のうち,本学の教員については教育院長が指名する。

3 プログラム担当者のうち,本学の教員以外の者については,運営会議の議に基づき,教育院長が決定する。

(協力教員)

第6条 協力教員は,本学の専任教員のうちから教育院長が指名する。

2 協力教員は,教育院長,副教育院長及びプログラム担当者と綿密な連携を図り,教育課程の実施を行う。

(事務室)

第7条 教育院に,事務室を置く。

2 事務室においては,教育院の管理・運営に関する事務をつかさどる。

3 事務室に,室長及び必要な職員を置く。

4 室長は,第2条第1項第5号に掲げる者のうちから教育院長が指名する。

(運営会議)

第8条 教育院に,組織運営規則第33条第2項に定める運営委員会として,運営会議を置く。

2 運営会議は,教育院の運営に関する基本的な方策その他重要な事項を審議する。

(運営会議の組織)

第9条 運営会議は,次に掲げる者をもって組織する。

 教育院長

 副教育院長

 異分野協創プログラム専門委員会主査及び副主査

 産官学協創プログラム専門委員会主査及び副主査

 国際連携協創プログラム専門委員会主査及び副主査

 プログラム担当者

 協力教員

 その他教育院長が必要と認めた者

2 前項第8号に掲げる委員の任期は,2年とし,重任,再任を妨げない。ただし,欠員となった場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

(運営会議の運営)

第10条 運営会議に,議長及び副議長を置く。

2 議長は,教育院長をもって充てる。

3 副議長は,副教育院長のうちから議長が指名する。

4 議長は,運営会議を招集し,その議長となる。

5 副議長は,議長を補佐し,議長に事故があるときは,その職務を行う。

(意見の聴取)

第11条 運営会議は,必要があると認めたときは,運営会議構成員以外の者の出席を求め,その意見を聴くことができる。

(異分野協創プログラム専門委員会)

第12条 教育院に,異分野協創プログラム専門委員会(以下「異分野協創専門委員会」という。)を置く。

2 異分野協創専門委員会は,環境エネルギーに関する異なる学問領域の協創教育に関する教育内容その他教育に関する事項を審議する。

(異分野協創専門委員会の組織)

第13条 異分野協創専門委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 プログラム担当者のうちから教育院長が指名する者

 その他教育院長が必要と認めた者

(異分野協創専門委員会の運営)

第14条 異分野協創専門委員会に,主査及び副主査を置く。

2 主査は,前条第1号に掲げる者のうちから教育院長が指名する。

3 副主査は,前条第1号に掲げる者のうちから主査が指名する。

4 主査は,異分野協創専門委員会を招集し,その議長となる。

5 副主査は,主査を補佐し,主査に事故があるときは,その職務を行う。

(意見の聴取)

第15条 異分野協創専門委員会は,必要があると認めたときは,異分野協創専門委員会委員以外の者の出席を求め,その意見を聴くことができる。

(産官学協創プログラム専門委員会)

第16条 教育院に,産官学協創プログラム専門委員会(以下「産官学協創専門委員会」という。)を置く。

2 産官学協創専門委員会は,産官と密接な連携を図りキャリアパスに対応した産官学協創体制を構築し,産官学協創教育に関する教育内容その他教育に関する事項を審議する。

(産官学協創専門委員会の組織)

第17条 産官学協創専門委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 プログラム担当者のうちから教育院長が指名する者

 その他教育院長が必要と認めた者

(産官学協創専門委員会の運営)

第18条 産官学協創専門委員会に,主査及び副主査を置く。

2 主査は,前条第1号に掲げる者のうちから教育院長が指名する。

3 副主査は,前条第1号に掲げる者のうちから主査が指名する。

4 主査は,産官学協創専門委員会を招集し,その議長となる。

5 副主査は,主査を補佐し,主査に事故があるときは,その職務を行う。

(意見の聴取)

第19条 産官学協創専門委員会は,必要があると認めたときは,産官学協創専門委員会委員以外の者の出席を求め,その意見を聴くことができる。

(国際連携協創プログラム専門委員会)

第20条 教育院に,国際連携協創プログラム専門委員会(以下「国際連携協創専門委員会」という。)を置く。

2 国際連携協創専門委員会は,グローバルな視点から国際性強化システムを構築し,国際連携協創教育に関する教育内容その他教育に関する事項を審議する。

(国際連携協創専門委員会の組織)

第21条 国際連携協創専門委員会は,次に掲げる者をもって組織する。

 プログラム担当者のうちから教育院長が指名する者

 その他教育院長が必要と認めた者

(国際連携協創専門委員会の運営)

第22条 国際連携協創専門委員会に,主査及び副主査を置く。

2 主査は,前条第1号に掲げる者のうちから教育院長が指名する。

3 副主査は,前条第1号に掲げる者のうちから主査が指名する。

4 主査は,国際連携協創専門委員会を招集し,その議長となる。

5 副主査は,主査を補佐し,主査に事故があるときは,その職務を行う。

(意見の聴取)

第23条 国際連携協創専門委員会は,必要があると認めたときは,国際連携協創専門委員会委員以外の者の出席を求め,その意見を聴くことができる。

(各種委員会)

第24条 運営会議に,専門的事項を審議するため,各種委員会を置くことができる。

2 各種委員会の設置及び組織等については,運営会議が別に定める。

(雑則)

第25条 この規則に定めるもののほか,必要な事項は,別に定める。

附 則

1 この規則は,平成24年3月2日から施行し,平成23年12月7日から適用する。

2 この規則施行後,最初に任期の定めのある職につく者の任期は,この規則の規定にかかわらず,平成26年3月31日までとする。

附 則(平27.3.6規18)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平28.1.8規11)

この規則は,平成28年4月1日から施行する。

東京工業大学環境エネルギー協創教育院規則

平成24年3月2日 規則第12号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
[全学規則]/第1編 組織及び運営/第14章 共通教育組織
沿革情報
平成24年3月2日 規則第12号
平成27年3月6日 規則第18号
平成28年1月8日 規則第11号